能勢 伊勢雄
Iseo Nose

1947年生まれ。山﨑治雄氏に師事した写真家。活動の核となるLive House PEPPERLANDを1974年にオープンした。松岡正剛氏が編集したオブジェクト・マガジン『遊』に70年代から参画し執筆などを行う。また、阿木譲編集の『ロック・マガジン』の編集やライターを務めた。そのほか、美術展企画としては『龍の國・尾道-その象徴と造形』(尾道市立美術館開館20周年記念展)の監修や水戸芸術館で開催された『X-COLOR グラフィティ in Japan』展等の美術展企画を行うと共に、写真家、コンセプチュアル・アーティストとして作家活動でも注目されている。講座では、アートフェスタ那須『山のシューレ』の講師を2009年から現在まで続け、九州大学大学院『リベラルアーツ講座』などの活動を精力的に行う。
また写真関係ではPhotographers’Gallery企画として『能勢伊勢雄写真展「PORTOGRAPH」』展、奈義町現代美術館にて『能勢伊勢雄写真展』が開催された。

映画の分野では1994年、水戸芸術館で開催された「ジョン・ケージ展」にて、8作品が上映され、1995年、山形国際ドキュメンタリー映画祭の“日本ドキュメンタリー映画の格闘-70年代”部門に『共同性の地平を求めて』が撰出上映された。このような多岐に渡る活動の全貌を紹介する展覧会『スペクタル能勢伊勢雄 1968-2004』が岡山・倉敷市連携文化事業として開催された。音楽、文学、哲学、あらゆる分野の融合のなかから『山のシューレ』にて2010年から3年間『ゲーテ色彩論・形態学』を講義する。



年譜


1947

岡山生まれ

1956

山﨑治雄に写真を師事

2008

銀塩写真家集団「Phenomena」結成


個展


2004

スペクタル能勢伊勢雄 1968-2004, 岡山・倉敷市連携文化事業, 岡山

2006

能勢伊勢雄写真展: PORTOGRAPH, photographer's gallery, 東京

2013

能勢伊勢雄写真展 - MORPHOLOGY・遊図・PORTOGRAPHの世界 - , 奈義町現代美術館, 岡山

2014

能勢伊勢雄 写真展 - ゲーテ形態学から, ギャラリーノマル, 大阪

能勢伊勢雄 ティンクトゥーラ展 - ゲーテ色彩論から, ギャラリーノマル, 大阪


グループ展


2004

松澤宥と九つの柱 -九相の未来- パリニルヴァーナに向かって, 広島市現代美術館

2008

ルドルフ・シュタイナーと芸術, ギャラリー册, 東京

2012

美へのまなざし・交差する世界, 岡山県立天神山文化プラザ, 岡山

2014

Favorite Books (59名の"Favorite"展), ギャラリーノマル, 大阪

2015

アートの今・岡山2015, 岡山県天神山文化プラザ, 岡山

アートの今・岡山2015, 高梁市歴史美術館, 岡山

アートの今・岡山2015, 奈義町現代美術館, 岡山

神々の黄昏, 大分県立美術館, 大分

2016

OPAM×能勢伊勢雄 シアター・イン・ミュージアム, 大分県立美術館, 大分

2018

AllStars, ギャラリーノマル, 大阪


コレクション


倉敷市立美術館


その他


1992

水戸芸術館『ANOTHER WORLD』展連動企画「超越思考講座・アナザーワールドへのプロローグ」企画, 講師

1994

水戸芸術館『ANOTHER WORLD』展連動企画 「ジョン・ケージのローリーホーリーオーバーサーカス』展での3企画

1995

山形国際ドキュメンタリー映画祭'95, 「共同性の地平を求めて」上映

2000

尾道市立美術館開館20周年記念展「龍の國尾道・その象徴と造形」展監修

2001

実験映画大回顧展, 「アンダーグラウンド・アーカイブス1958→ in Kobe Kyoto Osaka」上映

2003

勝央美術文学館「高梨豊写真展」企画・監修

2005

水戸芸術館「X-COLORグラフィティ in Japan」企画

2013

岡山県立美術館開館25周年記念特別展示, 「映像その記録・表現・記憶」上映

岡山県立美術館開館25周年記念特別展示「映像その記録・表現・記憶」監修

2015

京都国際映画祭2015, 「ニューズリール・大阪ハプニング・ドキュメント」他3作品上映

2016

京都国際映画祭2016, 「実験映画史に見る「映画言語」の変革」2作品上映




Biography


1947

Born in Okayama

1956

Studied photography under Haruo Yamasaki

2008

Formed a group called "Phenomena" for silver halide photographers


Solo Exhibition


2004

Spectacle: Iseo Nose 1968-2004, organized by the cities of Okayama and Kurashiki, Okayama, Japan

2006

ISEO NOSE: PORTOGRAPH, photographer's gallery, Tokyo, Japan

2013

The photograph as seen from Goethe morphology

2014

Iseo Nose: From Goethe morphology, Gallery Nomart, Osaka, Japan

Iseo Nose: Tinctura from Goethe’s theory of colors, Gallery Nomart, Osaka, Japan


Group Exhibition


2004

Yutaka Matsuzawa and nine pilllars: the future of nine aspects: towards the parinirvana, Hiroshima City Museum of Contemporary Art, Hiroshima, Japan

2008

Rudolf Steiner and Arts, GALLERY SATSU, Tokyo, Japan

2012

Tenjinyama Cultural Plaza of Okayama Prefecture, Okayama, Japan

2014

Favorite Books, Gallery Nomart, Osaka, Japan

2015

The Present of Art OKAYAMA 2015: dialogues, Tenjinyama Cultural Plaza of Okayama Prefecture, Okayama, Japan

The Present of Art OKAYAMA 2015: dialogues, Takahashi City History Museum, Okayama, Japan

The Present of Art OKAYAMA 2015: dialogues, Nagi MOCA, Okayama, Japan

Dawn of Gods, Oita Prefectural Art Museum, Oita, Japan

2016

OPAM × Nose Iseo Theater in Museum, Oita Prefectural Art Museum, Oita, Japan

2018

AllStars, Gallery Nomart, Osaka, Japan


Public Colection


Kurashiki City Art Museum, Okayama, Japan


Other


1992

1994

1995

2000

2001

2003

2005

2013

2015

2016