ティンティン チェン
Cheng Ting-Ting

Ting-Ting Chengはロンドンのウェストミンスター大学写真コースで修士号を取得後、2014年にゴールドスミスカレッジ(MFA)修了。現在はロンドンを拠点に、世界中で精力的に発表を続けている気鋭のアーティストです。
アイデンティティの異なる異文化間におけるコミュニケーションの相互作用や機微の変化に注目し、作品にイメージとテキストを用いて社会的、文化的、政治的な他者性というコンセプトを探求しています。

Ting-Ting Cheng was born in Taiwan. She graduated from MFA Fine Art at Goldsmiths, University of London at 2014.
She pays her attention to the change of interaction and subtleties of the communication between different cultures of the identity, and she applies images and texts in her works to explore the concept of the Otherness socially, culturally and politically.