2009年、大阪の現代美術画廊「Gallery Nomart(ギャラリーノマル)」をホームに結成。橋本孝之(alto sax, guitar, harmonica)+ sara(piano, others)の二人によるコンテンポラリー・ミュージック・ユニット。 現代美術ディレクター林聡がプロデュース。
結成当初より現代美術をはじめ様々な表現領域とのコラボレーションを行い、国内外にて活動を展開。2013年 PSF Recordsよりアルバム「void」リリース。あらゆるジャンルを縦横無尽に横断する音楽家として独自の存在感を放っている。
アートシーンでは2011年「させぼアートプロジェクト(長崎)」、2013年 静岡市立美術館、2016年 大分県立美術館にて招聘公演。
音楽領域においては、即興、ノイズ、電子音楽、ジャズ、ロック、クラシック、現代音楽など国内外の音楽家達とのコラボレーションによって生まれるボーダレスな世界ー “音”と“音楽”の間(ま)で交錯する感覚を表現する。

In 2009 ".es" (dot es) started out as a contemporary music unit based at “Gallery Nomart” in Osaka, Japan. dot es comprises of Takayuki Hashimoto (alto saxophone, guitar, harmonica, etc), Sara (piano, cajon, dance, among others) and Satoshi Hayashi, an art curator and the producer of dot es.
Their live music performances all have a different theme and appropriate instruments are chosen for each theme. The works of dot es are mostly collaborations with fellow artists such as modern artists, graphic designers, contemporary dancers, and other musicians.
Hashimoto and Sara came to respect and play various musical styles such as rock, punk, classical, flamenco, and increasingly found themselves wanting to express impulses and the unchangeable soul. Their sound expresses wide-ranging sensibilities in its lyrical, sentimental, intensive and passionate forms - and delivers evocative memories and feelings in a powerful fashion.
.es is exploring new areas of expression.