池垣 タダヒコ
Tadahiko Ikegaki

 私は銅が好きで銅版画をプロパーに版画制作をして来ました。エッチングなどの技法で銅の表面を酸で腐蝕して、凹凸をつけてレリーフ状に製版をします。銅版画の仕組みは版の凹凸にインクが詰められプレスされ紙に印刷されるのですが、その構造が物理的で図解のように見えて私にはわかりやすく、さまざまにアイデアが浮かび私なりの応用が可能でした。
 銅自体も不思議な金属です。青銅器の時代からの人類最古の金属ですが、よく何もなかった時代に野山で発見され、溶かして型枠に流し込んで成形できたものと感嘆します。私が使用する薄銅板は0.8mmで、ハサミでも容易に切れて金属なのに柔らかく、まるでドローイングで描いた線のように感じます。銅の表面は生ハムのようでどこかしっとりしていてデリケートに思われ、そのままにして置くとすぐに酸化し黒くなったり、緑青が吹き出たり、また白銅、赤銅、黒、など七変化します。版画も媒体として過去の記憶のメディアでしたが、銅の表面も記憶を残すためのメディアになると思います。表面は銅版画の直接技法のドライポイントのように傷が付き易く、その傷は記録されたデータと言えるでしょうか。また、表面に緑青のようなサビを生じさせて内部を守ることで長いあいだの保存を可能にすることでも生き物のような賢い金属だと思います。

 レリーフ状の世界にある奥行きや箱庭的世界観にも興味があります。360度周りから鑑賞できる立体ではなく、平面的で壁にくっ付いているレリーフの世界で、斜めからのぞき込めるような世界の面白さがあります。それは二次元のドローイングの世界と三次元の立体の世界を往来するような楽しさがあります。
 平面の世界は重力から解放され何処にでもイメージを置く事が出来て自由に紙の中の空間を飛び回ることができます。しかし、素材の持つ物質性が無くリアルな手応えがありません。制作過程においても立体の場合は素材の可塑性や造形性などが展開のヒントになることがありますが、ともかく紙の中の手応えがない机上の話になってしまいます。一方、立体は材料から、加工までコストがかかります。また体力と時間が必要となってきます。リアルの現実感が全員勢ぞろいで襲ってきます。何よりも新たな物体を出現させるといった神的で即物的な快感は立体が優っていると言えるでしょう。片方に行き詰まると隣の芝生が青く良く見えて、しんどくなってくると楽しそうな方に逃げて、うまく自分を騙しながら、今日も行ったり来たりするのでしょうか? そしてこの往還が左右の足で歩行するように制作が進むのである。聞いた話であるが、人は立っている時でもさえ左右に振り分けて体重を移動させているらしく、両方同時に均等に体重がかかると倒れてしまうらしい。つまり私も平面と立体をバランス良く作り分ける事が必要で、そうすれば倒れずにもうすこし先まで作り続けられるように思います。
2017 年4 月14日 池垣タダヒコ
(2017年個展ステートメントより抜粋)



年譜


1955

京都生まれ

1974

メキシコに3年間在住 (〜'77)

1982

嵯峨美術短期大学版画科専攻科修了

2006

京都市立芸術大学大学院美術研究科博士後期課程単位取得満期退学

2009

バルセロナ リョチャ美術学校 在外研修, スペイン (〜'10)


個展


1983

ギャラリー白, 大阪 ('85, '87, '89, '91)

1984

ギャラリースペース11, 東京

1986

gallery coco, 京都 ('89, '90, '95)

1991

イトーキ クリスタルホール, 大阪

1992

ギャラリー日鉱, 東京

信濃橋画廊, 大阪 ('93, '94, '97〜'01, '06〜08, '10)

2002

GALLERY SPACE ◯△□, 京都 ('04, '06)

2005

番画廊, 大阪

2007

Independentx4, アートコンプレックス・センターACT1, 東京

2009

Melancolia Pasada, Red 03, バルセロナ, スペイン

2011

明倫茶会 席主, 京都芸術センター 他

2014

ガレリア フィナルテ, 名古屋, 愛知

2015

Mixta Celebración 非日常 - 祝祭と混沌 , ギャラリーノマル, 大阪

2016

ガレリア フィナルテ, 名古屋, 愛知


グループ展


1982

第7回ブラッドフォード国際版画ビエンナーレ, イギリス

Printers -a new generation 新世代の版画家たち, gallery coco, 京都

1984

YES-ART3, ギャラリー白, 大阪

1985

YES-ART4, ギャラリー白, 大阪

第10回京都府彫刻美術展, 京都府立文化芸術会館

1986

アートナウ ’86, 兵庫県立近代美術館

YES-ART5, ギャラリー白, 大阪

TAMA-VIVANT ’86, 多摩美術大学八王子校舎 / 渋谷西武シード・ホール, 東京

1987

YES-ART DELUXE, 佐賀町エキジビット・スペース, 東京 他

1989

版から版へ ’89, 京都市美術館

1990

DRAWING WORKS, gallery coco, 京都

1991

今、絵画は, 大阪府立現代美術センター

現在美術 '91, 徳島県立近代美術館

1992

こどもの見た現代美術, 芦屋市立美術博物館, 兵庫

大阪彫刻トリエンナーレ ’92, マイドーム大阪

1993

アートは楽しい 4, ハラ・ミュージアム アーク, 群馬

1998

絵画の方向, 大阪府立現代美術センター

大阪彫刻トリエンナーレ '98, マイドーム大阪

2000

版画2000, 京都市美術館

2003

耕すように, 和歌山県立近代美術館

2004

ISPA国際版画会議展, 東京芸術大学陳列館

小さな平面・立体たち, GALLERY ◯△□, 京都

2006

素材:本, ノマル・プロジェクトスペース, cube & loft

2007

INDEPENDENT −ダブル・リアリティ−, 愛知県美術館ギャラリー

2008

MAXI GRAPHICA/Final Distinations, 京都市美術館

タソガレ ノ ビギン [MAXI GRAPHICAによる展覧会], GALERIE H2O, 京都

TAMA-VIVANT 2, 多摩美術大学, 東京

2009

現代の造形ーLife&Art−「版で現す」, 東広島市美術館, 広島

2011

大阪府20世紀美術コレクション展 版画, 海岸通ギャラリーCASO, 大阪

2013

阿波紙と版表現展2013 ー和紙とテクノロジー ー, 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

A good-by present +Tea party, kara-Sギャラリー, 京都

2014

PRINT/ZINE, つくるビル, 京都

立体の魅力展2014, 画廊翠巒, 群馬

Favorite Books (59名の“Favorite”展), ギャラリーノマル, 大阪

西風のグラフィックス2014, オリエアート・ギャラリー, 東京

FACTORY HOUSE, ギャラリーノマル, 大阪

2015

KINO PRINT, ギャラリーアーティスロング, 京都

Jahresgaben 2015: Art - Can, ギャラリーノマル, 大阪

2016

船底に銅をかぶせる, kara-Sギャラリー, 京都

2017

Spring Collection, ギャラリーノマル, 大阪

Stone Letter Project - 石からの手紙 #1, 宝塚大学 Gallery TRI-ANGLE, 兵庫

2018

AllStars, ギャラリーノマル, 大阪


コレクション


和歌山県立近代美術館

兵庫県立美術館

京都府

大阪府

毎日放送局




Biography


1955

1974

1982

2006

2009


Solo Exhibition


1983

1984

1986

1991

1992

2002

2005

2007

2009

2011

2014

2015

2016


Group Exhibition


1982

1984

1985

1986

1987

1989

1990

1991

1992

1993

1998

2000

2003

2004

2006

Material : White Book

2007

2008

2009

2011

2013

2014

2015

2016

2017

Spring Collection, Gallery Nomart, Osaka, Japan

Stone Letter Project #1, Takarazuka University Gallery TRI-ANGLE, Hyogo, Japan

2018

AllStars, Gallery Nomart, Osaka, Japan


Public Colection