豊富 春菜
Haruna Toyotomi

日常的な風景や事象をとらえた映像を、大胆なトリミングや様々なマテリアルによって減算する事で映像の意味性を排除し、質感や色彩を抽出するかのような独自の作品世界を創出する。視覚的要素だけを抽出し、流動的な素材で滑らかに浮かび上がらせたその作品からは、その仕上がりの美しさもさることながら、描くということ、ひいては見る行為自体の多様性を感じることが出来る。
制作の拠点を岐阜に移して以来、現在の作品につながる新たな技法での取り組みに注力。技術面での問題解決とともに表現の幅も広がり、美術関係者からの高い評価を獲得している。

She removes the literal meaning of the images in her works, by trimming away any necessities. The images in her works captures daily affairs. As a result, her unique world is emphasized by color and texture. The viewers feel a diversity of how to view things and paint through her works, which extract only visual elements.
After moving to the Gifu prefecture, she solved her technical problems and widened her range of expression. She has now won national critical acclaim.