中原 浩大
Kodai Nakahara

ドローイング、立体、映像、パフォーマンス、インスタレーションなど多岐に渡る表現方法をもちい、様々な置き換えや交換によって、それまでのアカデミックな意味での彫刻の概念の拡張をはかる。 また、個人での作品制作の他、共同研究・プロジェクトなどにも積極的に携わっている。
90年代から現在にいたるアーティストに多大な影響を与え続けている、日本の現代美術シーンを代表するアーティストの1人。

Nakahara’s challenge is in expanding the academic concept of sculpture by using a variety of expressions ranging from drawings to installations. Besides creating his progressive art works, he also plays an active role in the Japanese contemporary art world by being involved in large scale public research and projects.
Nakahara is extremely influential in the contemporary art world and is considered one of the most important figures in that area in Japan.