片山 雅史
Masahito Katayama

力強く奔放に描いたブラッシュ・ストロークと幾何学的秩序で構成された初期の平面作品。向日葵の花芯などのイメージと半透明の厚い膜層によってなる「皮膜」シリーズ。単線が幾重にも交差し無数に増殖する様が描かれた近年の「螺旋/風景」シリーズなど、自然界の造形リズムを引用しつつ多様な表現スタイルで作品を制作している。
「見ることとはなにか」という根源的な問いかけに端を発し、視覚と視覚以外の知覚との関係性や、視覚が認識されるプロセスについての考察と探求を作品制作を通して続けている。

Katayama’s works are constructed with bold brush strokes and geometric order.
One of his series, “Membrane” is constructed with a sunflower and head and a layer of thick, translucent membrane. Another series, called the “Spiral/Landscape” is constructed with many, many straight lines.
He is seeking to depict the rhythm of the growing process in nature through various styles. His creations all start with the question, “What is there to see?”
Katayama explores the relation between perception and recognition through his art works.